携帯電話を忘れたら「ブルーライト」デトックスのチャンス




今朝、携帯電話を忘れて出かけました。

気付いたのはバス停についた時。
けっこう焦りました。

だって、今日は朝から予定がぎっちり。
初めてのルートで保健指導の面談に行く日なので
バスの時間がわからないのが困ります。

食べる断食®を実施中のお客様が数名いらっしゃるので
質問がくるかもしれません。

入院中の家族から連絡が入るかもしれません。

今日が締め切りの仕事について問い合わせがあるかもしれません。

でも、じたばたしても仕方がない。
それで私はどうしたか。
開き直りました。

今日はブルーライトデトックスの日にしようと。

ブルーライトとは、携帯電話や液晶テレビ、
パソコンなどから出ている光のこと。
覚醒作用があるので、見ていると脳が興奮状態になります。

本来は見過ぎるとよくないのですが、
私たちはブルーライトに朝から晩までさらされっぱなし。
だから今日は脳を休める一日に決めたんです。

いつも手元にある小さな画面から解放されると
いろんなものが目に耳に入ってきます。

いつもより早く散り始めている桜
入学式に向かう幸せそうな親子連れ
スーツがまだしっくりきていない新入社員さん
バスに乗り慣れていない大学生

いつの間にか季節は春だったのだと
いまさらながら気が付きました。

心配していたバスの時間なども
わからなければ人に聞けば教えてもらえました。

仕事でトラブルもなく、
誰からも問い合わせの電話もありませんでした。
電車に乗っても携帯を見なくていいと思うと
少し解放された気分になりました。

結局、大事な電話や連絡などは一件もなし。
携帯電話を忘れたおかげで
ほぼまる1日、ブルーライトデトックスできました。

必要だと思い込んでいるものを
たまに手放すのもいいものですね。

ただ、こんな時間までパソコンに向かっているのは
どうかと思いますが…

せっかく日中ブルーライトを見ずに過ごせたので
今夜はそろそろ休みます。

みなさんも機会があればぜひ
ブルーライトから解放する時間を作ってみてください。

特に、寝る1時間前に避けると
睡眠の質が上がり、代謝のいい体になりますよ。

では、明日も一日元気で過ごしましょう!!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です