サザエさん症候群が血糖値を上げる?ストレスと血糖値スパイクの関係




大阪・京都を中心に
忙しく働く女性の心と体をリセットする
断捨離ごはんアドバイザー

管理栄養士の留美です(*^^*)

今日の話は科学的根拠に基づいた内容ではないのですが、
血糖値についてちょっとした気づきがあったのでシェアします。

そういうこともあるのかと
話半分で読んでください↓

 

サザエさん症候群ってご存知ですか?

 

日曜日の夕方になると、明日から仕事のことを考えて気分が沈む症状のこと。

このサザエさん症候群、気分を下げるだけではなく、血糖値を上げているかもしれません。

というのもこちらをご覧ください↓

血糖値スパイク,ストレス,サザエさんシンドローム

管理栄養士の友人が24時間、血糖値をチェックできる計測器を使って測ったある日曜日の血糖値グラフです。

とんがった山になっているところが食後に血糖値が上がっている部分。

けっこう急上昇して急降下していますね。

食後、血糖値が正常値を越えて急激に上昇し、数時間後に元に戻る現象を血糖値スパイクといいます。

食事をすると誰でも血糖値は上がるのですが、血糖値スパイクを起こしている人はその上がり下がりが激しいんです。

このような状態を放置しておくと、心筋梗塞や脳梗塞などの血管疾患や癌、アルツハイマー型認知症などのリスクが高まるとテレビやマスコミでもよく取り上げられ、注目を集めています。

そんなおそろしい血糖値スパイクを起こしている彼女ですが、実は毎回、こんなに血糖値があがるわけではありません。

こちらのグラフをご覧ください↓

血糖値スパイク,ストレス,サザエさんシンドローム

こちらは先ほどのグラフの前日に測ったもの。

かすかに上がっている部分に食事をとっているのですが、血糖値スパイクらしき問題点は見つかりません。

同じ人の血糖値なのに、どうしてこんなに差があるのでしょう?
考えられる原因のひとつがこちら↓

一つ目のグラフは日曜日に、
二つ目のグラフは土曜日に
測ったから

どういうことか説明しましょう。

この2日間、彼女は1泊2日で松葉ガニを食べる温泉旅行に行っていました。

2日とも、いつも以上にボリュームのある食事をしていたそうです。

 

【1日目の食事】

血糖値スパイク,ストレス,サザエさんシンドローム

夜はカニづくし!

血糖値スパイク,ストレス,サザエさんシンドローム

けっこう食べてます。
おいしそうですね。


【2日目の食事】

血糖値スパイク,ストレス,サザエさんシンドローム

こちらもおいしそう!

1日目もたくさん食べていたのに
2日目と比べると血糖値はほとんど上がっていません。

不思議ですよね。

どうしてなのか?

そのヒントはこの本の中にありました。

一部、抜粋して紹介します。

精神的なストレスはアドレナリン(※1)の分泌を常に高めます。アドレナリンはインスリン(※2)の分泌を抑制したり、インスリンの働きを低下させ、やはり血糖値を高くします。

※1)血糖値を上げる働きがあるホルモン
※2)血糖値を下げる働きがあるホルモン

そう
ストレスがあると血糖値は高くなりやすいんです。

ということは、彼女には旅行の1日目より2日目の方が精神的なストレスがかかっていたと考えられます。

もちろん、それがすべてとは断定できません。

食事の糖質量は1日目より2日目の方が多かったかもしれません。
2日目の方が単に疲れていて、肉体的ストレスがあったのかもしれません。

ストレスの度合いをきっちりした装置で測定したわけではないのであくまで想定の話だと思って読んでください。

旅行を楽しんでリラックスしていた土曜日に比べ、楽しい時間の終わりが少しずつ近づいてきて、翌日から仕事がまた始まるというストレスが頭をよぎる日曜日は血糖値が上がりやすくなっていたのではないでしょうか。

そんなのこじつけだ!
と言われそうですが、そう考えるには根拠があります。

こちらのグラフをご覧ください↓

血糖値スパイク,ストレス,サザエさんシンドローム

こちらは平日の彼女の血糖値を示しています。

幼稚園の給食施設で調理の仕事をしているのですが、昼食時だけ血糖値スパイクを起こしているのがわかります。

仕事へのストレスについては自覚がないという彼女ですが、給食を時間通りに仕上げなくてはというプレッシャーを無意識で感じているのかもしれません。

その証拠に、幼稚園では3時におやつを食べることになっているのですが、甘いおやつを食べた時間にはそれほど血糖値はあがらないんです。

給食のスパイクの右側にかすかに上がっている丘がもぐもぐタイムだそう。

さらに、彼女は自分が血糖値スパイクを起こしていることを知り、糖尿病の検査を病院で受診しました。

その結果は問題ナシ。
糖尿病でもなんでもないと診断されたんです。

つまり、医学的には血糖値のコントロールがうまくいかない要因はありません。

でも、平日の昼食後や、楽しい旅行が終わって翌日から働かないといけないという時にだけ、血糖値が170~190台まで上がってしまうんです。

う~ん、これはやっぱりストレスが原因だといえるのではないでしょうか?

日曜日に関しては、サザエさん症候群ってことになりますよね。

あいにく私は研究者ではありませんし、
彼女一人のケースを取り上げて、世の中の人が全員そうだ!と言い切ることはできません。

ただ、彼女を含め、私の周りには24時間、血糖値を測る取り組みをしている管理栄養士が5名ほど(私も含めて)いるのですが、やはり仕事中は血糖値が上がりやすいと感じています。

精神的ストレスは血糖値を上げる要因がある

これは今までも一般的に言われてきていることですが、サザエさん症候群も血糖値を上げるということについても、掘り下げた研究がすすんでほしいです。

そうすれば、曜日別におすすめなメニューなどの提案ができるかもしれません。


血糖値スパイクについてもっと詳しく知りたい方はコチラの本がおすすめ↓

自分が血糖値スパイクをしているかどうかチェックできたり、血糖値スパイクを予防する方法がわかりやすく紹介されていますよ

糖尿病、認知症、がんを引き起こす血糖値スパイクから身を守れ! 単行本 ? 2017/4/9
NHKスペシャル取材班 (著)

スポンサードリンク