【人気店「どうひら」に学ぶ】忙しくても大切にしたいおもてなしの心




大阪・京都を中心に
忙しく働く女性の心と体をリセットする
断捨離ごはんアドバイザー

管理栄養士の留美です(*^^*)

昨日は母と2人で大阪府枚方市の樟葉にある和食屋
「どうひら」さんを訪問しました。

その時の料理とおもてなしにズキュンとやられたのでシェアします。

まるで普通のグルメレポートのようになりますが、
グルメにはそこまで詳しくないのでその部分はざっくりといきますね。

「どうひら」さんは2015年12月にオープンした
新鮮な魚介類で作る創作和食と炊き立て釜飯が人気のお店。

前日に予約したらキャンセル待ちという混雑ぶりでしたが
幸運にもキャンセルが出たということで訪問できました。

ランチは1800円(税別)の旬肴昼膳のみ。

12時に入店するとすでに店内は
年配の女性でいっぱいでした。

私たちの席はカウンター。
すでに釜飯用のお茶碗がセットされています。

カウンターの中には
若い男性の料理人さん2名と
若いホールの女性が2名。

シックな和食のお店ですが顔ぶれはフレッシュです。
料理長は京都で修行されていた方だそう。

席についてすぐおしぼりとお茶が出てきたと思ったら
待たされることなく一品目が運ばれてきました。

自家製トマトのマリネとベーコンのサラダ

ホールの女性が俊敏だけどていねいに
料理の内容を説明してくれます。

が、全部は覚えきれなかったので
ちょいちょい省略してご紹介。
ごめんなさい。

マリネもベーコンもいいアクセント!!

お造り盛り合わせ(ヒラメとタコと貝)

間違いなくおいしい。
刺身のつままでおいしくいただきました。

季節の小鉢(うどのきんぴら)
旬の和え物(ホタルイカの酢味噌かけ)
焼き物(鮭と出し巻き)
炊き合わせ(やまいも、たけのこ、生麩)

これはテンション上がります。
どれもおいしかったですが、
滑らかな舌触りの出し巻きと
ウドのきんぴら
炊き合わせに入っていたヤマイモが最高。

この料理に限らず器が上品で
こんな器を家にも揃えたい!と心の底から思いました。

このあたりで炊き立て釜飯が運ばれてきます。

おお~!お米が立ってる!!!

これには感動!!

「ふたを取って、底からさっくり混ぜ、
ふたをして1~2分蒸らしてから食べてください。」

と説明されたのでその通りに。

ごはんが立ってるってまさにこのこと!
焦げることもなくとてもきれいに炊きあがっています。

これはまた通いたくなるのも納得!!

炊き立て釜飯
赤だし
香の物

2人分だとかなりのボリューム。
後で知ったのですが、余ったらおにぎりにもしてるそう。
そうしてもらえばよかったかも。
でもおいしかったのでペロッといけました。

ごはんはもちろんですが、
お漬物がおいしいのがうれしい。
定食者のお漬物ってしょっぱくて食べられないことが多いのですが、
ここのはうすあじで上品な味だったので完食!

天ぷら盛り合わせ(えび、しんごぼう、イカのシソ巻き、かぼちゃ、ししとう)

新ごぼうのみずみずしい香りが春ならでは。
天つゆにつけて食べるのですが
サクサクしていて油っこさがまったくありません。

ごはんとぼぼ同時並行で運ばれてきましたが、
ごはんを蒸らしている間にアツアツをいただきました。

ドリンク(コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ジンジャエールから選択)
デザート(桜のアイス)

最後の最後まで器がステキ!!
アイスのスプーンは陶器でした。

飲食店で働いた経験のある身としては、
洗い物が大変だろうなぁと心配になるほど。

料理ひとつひとつ、器のひとつひとつに
おもてなしの心がこもっていて、
それでいて1800円(税込)は安い!!

大満足で店を出るとなんと!
料理長が店の外まで出てきて挨拶してくれたんです!!!!!

これはこの日一番の感動ポイントでした!

13時で店内にはまだ他のお客様もいっぱい。
夜の仕込みもあるだろうし、忙しいに違いないはずなのに。

すでにお腹は大満足だったところに
心まで大満足できてお店への評価がどーんとアップ!!!!

この日は初訪問でしたが、すぐにまた来たいと思いました。

忙しいお店って料理を作っている人は食べている人の顔を見れないことがけっこうあります。
でもここでは料理長が全員の顔を、しかも食べた後の満足した顔をしっかり目に焼き付けているんですね。

だから一品一品に心をこめることができているのでしょう。

この気持ちは料理屋さんに限らず、どんなサービスでも大切なこと。

忙しいからと流れ作業のような仕事をしていては、お客様はもちろん、自分の心にも何にも残りません。

店を出る時にお見送りをしてくれるというのは、私たちにとっては「わざわざ料理長が!」とうれしくなるし、料理長にとってはお客様と顔を見合わせる機会になっているんですね。

料理を楽しむだけではなく、おもてなしの心まで学ばせていただきました。
お仕事するうえでの参考にいたします。

では今日も、おいしく食べて元気な一日を過ごしてください。


店名:どうひら

電話番号:072-896-5510

営業時間:11:30~14:00 17:00~フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30
水曜定休

アクセス:京阪本線 樟葉駅より京阪バス 朝日下車徒歩1分
徒歩約15分

住所:大阪府枚方市楠葉並木2-25-15 インディアン北ビル 1F

スポンサードリンク