仕事中のお菓子中毒から卒業できた!「食べる断食®」お客様口コミレポート




大阪・京都を中心に
忙しく働く女性の心と体をリセットする
断捨離ごはんアドバイザー

管理栄養士の留美です(*^^*)

昨夜は「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」を終了された2名のお客様のステップアップセミナー&報告会でした。

お二人とも心や体にいろんな変化を感じておられました。なんて変わるのが上手なんだろう!と聞いている私がワクワク♪

詳しい口コミ体験レポートをご紹介しますね。

まずはお一人目のRさんから。

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」口コミレポート

Rさん(41歳)は埼玉県在住でフルタイム勤務されている方。旦那様と息子さんと3人で暮らしておられます。

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」に参加した動機

  • 40歳を過ぎて痩せにくくなった
  • 甘いものがやめられない
  • 心も体もスッキリしたい

 

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」に参加して体感したことは?

  • 仕事中、10時と15時に食べていたチョコレートなどのお菓子を食べなくてもいいと思えるようになった
  • 大好きなビールが、20歳ではじめて飲んだ時と同じぐらい苦いと感じた
  • 早食いだったけれどゆっくりよく噛んで食べるようになり、食事が自分を大事にする時間なのだと感じるようになった
  • 2日おきだったお通じが毎日、多い日は1日2回!しかも自然とスッキリできて体の中がキレイになっていると実感できた

 

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」の結果数値

  • お腹周り -5㎝
  • 体重 -0.5㎏
  • 体温 36.5℃程度から37℃台にUP!

お腹周りが5㎝も減ったので、Tシャツとスパッツの間に隙間ができてるのがわかります。

また、お腹がスッキリした分、やや前傾姿勢だったのが、まっすぐになっていますね。

体重が減らなかったのはすこし物足りなく感じておられたようですが、ごはんを1日2合食べても太らなかったということは、食べたものをしっかり燃やせた証拠。

ごはんを一緒に内臓脂肪も燃焼したので、体重を増やさずにお腹周りがスッキリしたんです。これは大きな変化!!

 

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」に参加した感想

    • はじめて玄米を食べて固い!と思ってびっくりしたり、食べるのに時間がかかりました

でも、2日くらいたつと、つぶつぶした感触がおもしろくて、なによりおいしかったです

  • 体重はほとんど変わらなかったけれど、体形はかわったのでうれしかったです
  • 日々の食事の大事さを知ったこともよかったです
  • つねに質問できたりする環境があってよかったです

 

 

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」で甘いもの欲から解放される?!

仕事のストレスを紛らわせるため、甘いお菓子がやめられなかったというRさん。はじめの2日間は甘いお菓子が恋しくてたまらなかったそう。

そこで、小腹が空いた時にはゴルフボールサイズの若玄米おにぎりを食べるよう提案しました。

その通りに実践すると、お菓子が欲しいという気持ちが和らいでいったと言います。
実はお菓子をやめられない人の大半は、ご飯をしっかり食べてない人が多いんです。Rさんも夜はご飯を食べない生活をしていました。

夜に主食を抜くなど極端な糖質制限をすると、血糖値が不安定になります。血糖値が不安定になるとメンタルも不安定になり、ストレスがたまって甘いものがほしくなります。

甘いものを食べると血糖値が急上昇し、さらに血糖値は不安定なるという負のスパイラルに陥りがち。

脳にとってはごはんもお菓子も同じ「糖質」。ごはんから十分な糖質を摂っていないと、脳が甘いものを欲しがるんです。

心の安定剤としておすすめなのは甘いものよりご飯。甘いものは体に必要な栄養をとった上でのご褒美として、たまに適量食べるものです。

ご飯をしっかり食べることで、Rさんのように甘いもの中毒から抜け出す人は少なくありません。ただ、自力で抜け出すのはけっこう大変。

その点、食べる断食では、専門的知識を持った管理栄養士が10日間の疑問、質問、不安によりそって、断食の成功をサポートします。

 

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」ではいつでも講師に質問OK!

Rさんは口コミで「常に質問できる環境が良かった」とお答えしてくださっています。

断食中は慣れない食生活に体がピックりして、さまざまな反応が現れることがあります。経験したことがないことが起こると、不安や疑問を感じることも多いもの。

そこで留美の「食べる断食®」にご参加いただいた方には、SNSやメールを活用し、いつでも何度でも質問できる環境をご用意しています。

Rさんの場合、同じ時期に参加された3名の方ともSNSで感想を言い合えたので、励みがでたとのことでした。

もし、これから「食べる断食®」をやってみようか検討中の方は、ご家族やご友人など興味がありそうな身近な方に、ぜひお声がけしてみてください。一緒にやることで連帯感や安心感が生まれますよ。

もちろん、おひとりで取り組まれても大丈夫。マンツーマンでしっかりサポートします。

最後にRさんからうれしい口コミをいただきました。

「10日間が終わったので、これからは、食べ過ぎた次の日は、また玄米と味噌汁でプチ断食して調整したり、普段から雑穀を食べて自分に必要な栄養をとろうかなとか考えられるようになりました。

食は生きることに直結しているんだと改めて実感しています。

生活を見直すことができて、自分の体の声をきこう。と思えるようになったことが一番の収穫ですね。」

「食べる断食」はこれからずっと続いていく食生活を見直すきっかけづくり。10日間だけの取り組みで終わらせず、今後の食生活のヒントにしたいと感じてもらえたようです。

  • 体を変えたい
  • ストレスを軽くしたい
  • デトックスしたい
  • でもひとりでは自身がない

そんな方は「食べる断食」で心と体のリセットに取り組んでみませんか?

食べる断食 若玄米リセットプログラムの詳細を見る

スポンサードリンク