雑穀レシピ「たかきび」をひき肉代わりに使った簡単★麻婆豆腐の作り方




雑穀と言えばごはんに混ぜて炊く。

つい最近までそんなことしかできなかった私ですが、最近、雑穀クッキングはじめました。

なんだか料理上手に聞こえますでしょ(*´∨`*)

料理の腕がいまひとつな私でも、雑穀料理って実は簡単にできるんです!

基本は茹でて混ぜるだけ!

ほんとこれだけです。

そこで今日は、雑穀「たかきび」を使った超簡単★麻婆豆腐レシピをご紹介します。
 
 

超簡単★麻婆たかきび豆腐レシピ

 

材料(2~3人分)

木綿豆腐 1丁
たかきび 大サジ3
ニラ 1束
ごま油 大サジ1
鷹の爪 お好みで
豆板醤 お好みで
めんつゆ 大サジ3
水溶き片栗粉 適量

作り方
1.たかきびは30分ほど浸水させ、少なめの水で15~20分茹でます。

水に水溶性成分が溶けだすので水は少な目がおすすめ。焦がさないように気を付けてください。

2.豆腐はキッチンペーパーで包み、レンジで1分半チンして水切りします。

3.豆腐をひとくちサイズに切ります

4.ニラは3㎝ほどの長さに、鷹の爪は小口切りにします。

5.フライパンを弱火にかけ、ごま油と鷹の爪と豆板醤を入れて炒めます

6.たかきび入ります

ニラ入ります

豆腐入ります

7.めんつゆを加え、味を絡ませます

8.水溶き片栗粉を加えてダマにならないようにさっと混ぜとろみをつけたら完成です

ね、簡単でしょ~。
 
 
たかきびは茹でても食感があるので、マクロビでひき肉代わりによく使われる雑穀。
見た目も食感もひき肉とは違いますが、これはこれでおいしい。
 
今日はちょっとヘルシーにいきたいなんて時に試してみてください。
 
 

たかきび(もろこし)はこんな雑穀

ところで、たかきび(別名:もろこし)って聞いたことない!って人も多いかもしれないのでちょっとご紹介。
 
▼濃い茶色はポリフェノール
赤ワインと同じで、抗酸化作用に優れています。

▼食物繊維、鉄分、マグネシウム、カリウム、亜鉛など栄養満点
便秘や貧血、美肌などにおすすめ

▼マクロビ・ベジタリアン料理でひき肉代わりに使われる
その食感や見た目からミートミレット(肉の穀物)と呼ばれ、ハンバーグなどに使われます。
 
 
ひき肉の代わりにたかきびを使うことで、食物繊維やミネラルなどが豊富に摂れるのはうれしいですね。
 
たかきびレシピ、雑穀料理のパイオニア的存在の大谷ゆみこさんのこちらの著書には、たかきびと野菜だけのミートボール、キャベツとたかきびのみそ炒め、ビビンパなどが紹介されていました。

つぶつぶ雑穀おかず―毎日食べたい!からだの元気を引き出す簡単おかず


 

ちなみにゆでた雑穀はジッパー付き袋やタッパーに入れて、冷蔵庫なら2~3日、冷凍庫なら3週間ほど保存できます。
まとめて茹でて保存しておくと、さっと混ぜられて便利ですよ。

 
使い方をマスターすると雑穀料理ってたのしい。
 
まだまだ使いこなしているとは到底言えませんが、料理を人に食べてもらう時、「この粒々なに?」って聞かれるのがちょっとうれしい今日この頃です。
 

スポンサードリンク