同じカロリーのカレーなら、5分で食べても30分かけて食べても結果は同じ?

スポンサードリンク




大阪の福島で仕事をした後、
スパイスカリー大陸で大陸カリーを頂きました。

おしゃれな町家カフェっぽい店内でいただけるのは、
スパイシーキーマ、
トマトバターチキン、
ココナッツ豆カレーが一皿に入った、
インターナショナルなカレーです。

ごはんは白米ですが、
トッピングにキヌア、
クスクス、
マスタードシードや
野菜など、
かみごたえのある食材がたっぷり!

一人だったので無言で食べましたが、
ゆっくりよく噛んだので30分弱かかりました。

ところが
ほぼ同時に食べ始めた隣の席の男性は、
わずか5分で完食!!

えー!
もったいない!!

何がって
きちんと味わっていない
ってことももちろんですが

とっても太りやすい食べ方だから。

同じカロリーのカレーなら
5分でかきこんで食べても
30分よく噛んで食べても
体への影響は同じだと思いますか?

違います!

急いで食べるときに比べて
ゆっくり食べるほうが
食後のエネルギー消費が多くなるんです。

東京工業大学大学院社会理工学研究科
林 直亨教授らの研究で
以下のようなことが明らかになりました。

300kcalの塊状の食材を

→なるべく早く飲みんだ場合
食後90分間の消費エネルギーは
体重1㎏あたり平均7kcal
(食事時間103秒、咀嚼回数137回)

→塊がなくなるまで噛んだ場合
食後90分間の消費エネルギーは
体重1㎏あたり平均180kcal
(食事時間497秒、咀嚼回数702回)

(出典 東京工科大学2014.5.19)

体重60㎏の人がこの食事を1日3回すると仮定すると
1年間で約1万1000kcalの差がでるんです。

脂肪に換算すると約1.5㎏!

これだけの脂肪を減らすのに必要な運動量は
20分ジョギング×3カ月

食事ってエクササイズなんですよ。

毎日20分走るのは難しいですが
毎食5分、10分食事時間を増やすことなら
できそうじゃありませんか?

よく噛んでできる
毎食のエクササイズ

みなさんも次の食事から始めてみてください。

では、今日もおいしく食べて、元気に過ごしましょう!

~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…

5/19(日)

雑穀のワークショップを開催します!

「雑穀スリム 食べて健康 インナービューティーへの道」

あんまり食べてないのに太る
運動しても痩せない
疲れやすくなってきた…

歳のせいだから仕方ないってあきらめていませんか?

食べ方を変え、
栄養バランスを整えると、
食べてもスリム、
歳を重ねても若々しい身体に近づけます。

場所
京阪米穀さん

日時
5月19日(日)11時~14時

参加費
3000円

お申込み方法
コメント欄に
「5/19 参加希望」
と書いて送信ください。

お会いできるのを楽しみにしています!

>>前回のワークショップレポートはコチラ

スポンサードリンク




 

クリックで応援!
↓↓ありがとう!頑張ります↓↓