キャベツのマヨ和えで思い出す、病院栄養士時代の思い出

麻婆豆腐のお供はキャベツとカニカマのマヨ和え。キャベツのマヨネーズ和えは病院の厨房に勤めていた時のヘビロテメニューでした。減塩食やタンパク質制限食の患者さんには、カニカマを人参に変えて作っていたことを思い出します。

同じメニューなのに味付けや材料を変えて、病態ごとに5、6種類も作り分けていたなぁ。歯が弱い人には一口大に切ったり、刻んだり、ミキサーにかけたり…もうあんな複雑なことできません

そう思うと家庭で2人分の食事を作るなんてラクに思えます。当時は「なんでこんなに大変なの?!」と300食以上の食事を作っていましたが、あの時に苦労しておいてよかった。何事も経験ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。