料理が苦手なら簡単なものだけ作れば大丈夫

管理栄養士というだけで料理上手と思われがちですが、そんなことはありません

36歳で栄養専門学校に入学した時、調理実習の試験ではいつも落第が落第スレスレ

アジを3枚に下ろす試験では、身がボロボロになってアジに申し訳なく思いました ←今でもほぼ上達していません

不器用なので難しいことはせずに、ただ、主食、主菜、副菜を揃えることだけ意識して食事を作っています

この日はサバを焼いて、大根ときゅうりの千切りとカニカマを、賞味期限間近の味付けもずく酢、プチトマトと一緒に盛り付けただけ

料理らしい料理はしていませんが、主食(ごはん)、サバ(主菜)、もずく酢(副菜)が揃うと、なんとなく「ちゃんと」見えませんか

以前は料理が苦手なことを引け目に感じていましたが、苦手ならできることだけやればいいと割り切りました

料理が苦手なら簡単なことだけやれば大丈夫です。とりあえずご飯と主菜、副菜は揃えるということから意識してみてください

今日は楽しみな予定が盛りだくさん。みなさま、よい1日を

【晩ごはん】
雑穀ご飯
サバの塩焼き
大根、きゅうり、カニカマとプチトマト入りもずく酢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。