食べ物を選ぶ力、食べ方の軸を身につける食実践スクール口コミ体験談

スポンサードリンク




 

大阪・京都を中心に
忙しく働く女性の心と体をリセットする
管理栄養士の杉本留美です。
 
今日は「食実践スクール」を受講されたお客様の口コミ体験談をご紹介します。

「食実践スクール」とは、日本健康食育協会監修の「食習慣改善」プログラム。

同じく、日本健康食育協会監修の「食べる断食®」は10日間という短期間限定で食生活を変え、体質が変わるきっかけ作りをするのに対し、「食実践スクール」では長期的に食習慣を変えるための知識を身につけるためもの。

私自身が初めて受講した時、「知らなかった!」「聞いてよかった!」と思える食の知識がぎゅっと詰まっています。このブログの記事を書く時も、食実践スクールから得た知識をベースに書くことが多いんですよ。

詳しくは本文をお読みください。

 
【目次】

 
 

「食実践スクール」とは食べ方の軸を見つけるプログラム

「何をどう食べたらいいかわからない!!」
「健康のためには結局、何を食べたらいいの?!」

って迷うことはありませんか?

私はOL時代、ずっと迷ってました。テレビで「○○がいい」と聞けばスーパーに走って「○○」を買いあさり、雑誌で「△△で元気になった」と読めば「△△」を試してみたり…。

でもそういうピンポイント健康法では身体は簡単に変わりません。変化を感じられなければ、結局、長続きしませんよね。健康や美容のための食事は、毎日無理せず続けられることが大前提なんです。

「食実践」とは、自分のライフスタイルに合わせた食習慣を続けること。「食実践スクール」はそのための具体的なスキルを学んで、何をどう食べるかという「食べ方の軸」を身につけられるプログラムなんです。

>>食実践スクールについてさらに詳しく見る
 
 

「食実践スクール」お客様口コミ体験談

 

山口県 会社員 K.Nさま(52歳・女性)

食べる断食をしたけど、このまま元の食事に戻るとせっかく体質改善をしたのが無駄になりそうだったので食実践スクールを受けようと思いました。食べ物の選び方を身につけて、迷わず無理なく判断する軸を持てる様になるために受けました。

まだまだ、実践が伴いませんが勉強して良かったと思います。雑誌やテレビを見て気持ちが揺らぐ事もありますが、基本はご飯とみそ汁を中心にしていけば良いのが解ったからです。

介護ヘルパーの仕事をしていて、思ったことがあります。健康なお年寄りはしっかりと食事を食べているということです。そした地産地消で、ごはんとみそ汁が基本です。食実践スクールを受けて納得しました。

本物の調味料を使って雑穀ごはんとみそ汁を基本にこれからも実践していこうと思います。

 

K.Nさまは食べる断食を実践後に、食実践スクールを受講されました。介護ヘルパーのお仕事は体力勝負で、忙しい時は帰宅後20時半に寝てしまうこともあるほどクタクタだったそうです。

食べる断食をして、胃腸を活性化させることで、だるさが和らぐ、おなか周りが減る、乾燥肌が潤う、体温が35℃台から36℃台になるなどの変化を実感。その状態をキープできるようにと、食実践スクールで学ぶことにしたとのことです。

食実践スクールでは以下5つのテーマで講義をすすめ、講義後にどのような習慣を実践するか宣言してもらいます。

燃焼力
排出力
代謝力
食選力
胃腸力

K.Nさまは、
・ごはんとお味噌汁をしっかり食べる
・地産地消を意識する(地元でとれた新鮮な食材は栄養損失が少ない)
・規則正しい生活をする(睡眠時間を確保すると代謝がUP)
・3食の配分を整える(食事のリズムが整うと代謝がUP)

などを実践されました。受講期間の3ヶ月で、当初感じていた腸の不調がずいぶん改善されたそうです。

お仕事柄、元気なお年寄りと接する機会が多いだけあって、食事と健康の関わりをより深く感じされたようですね。

若さを保つ秘訣は胃腸を丈夫に保つこと。そのために大切なのは、胃腸をよく動かす健胃健腸の食べ物「ごはん」をしっかり食べること。ごはんとみそ汁を食べるシンプルな食生活を続けて、元気な体をキープしていただきたいです。

>>食実践スクールについてさらに詳しく見る
 
 

食べ方や食生活で迷っている方へ

K.Nさまのように、自炊もしていて、きちんと食べていても、「なんだか疲れやすい」と感じる方は少なくありません。

そういう方は、食生活や生活習慣を少し整えるだけで、体にいい変化を感じられることがよくあります。

健康のためによかれて思って実践している食習慣が実は体質に合っていなかったり、間違っていたりすることもあるからです。

食実践スクールで学べるのは、流行に流されない基本となる「食べ方の軸」。

K.Nさんが「基本はご飯とみそ汁を中心にしていけば良い」と書いていただいたように、シンプルでわかりやすく、続けやすい食習慣です。

特別なものを食べたり、特殊な調理法をしたり、おかずを何品も作ったりする必要はありません。

ごはんとみそ汁中心の食事がなぜいいのか、どうすればより健康に近づけるのか、家族の健康を守るためにはどうすればいいのか。しっかり腹落ちして食べるのと、よくわからずにうわべだけ真似して食べるのとでは、同じものを食べていても結果が違うから不思議です。

せっかく実践するならぜひ、なにがどういいのかをわかったうえで実践することをおすすめします。

健康的な食事はシンプルで簡単でナチュラルなものです。

もう迷わない、基本的な食生活について知りたい方はお問い合わせください。

食実践スクールは全国どこにいても、SkypeやZoomで受講していただけますよ。
 
>>食実践スクールについてさらに詳しく知りたい方はコチラ

受講したいという方はこちら

食実践スクールを申し込む

コチラの口コミ体験談もご覧ください
>>ごはんをしっかり食べて元気で前向きになった

 

スポンサードリンク




 

クリックで応援!
↓↓ありがとう!頑張ります↓↓