「食べる断食®」で体をリセットした後のリニューアルごはん




週末は「食べる断食®」のステップアップセミナーに参加するため、
大阪から名古屋まで行ってきましたよ。

めったに行けない名古屋、
朝一番のバスに乗って、セミナー前に熱田神宮さんへお参り。

おおー、澄んだ空気が気持ちいい!
一日、元気で頑張るぞー!!

お昼はもちろん、名古屋めし。

おみやげはもちろん、
熱田さん名物きよめ餅。

 

「せっかく名古屋へ行くのだから」という
関西人のもったいない根性丸出しです。

さて、前置きが長くなりましたがここからが本題。

 

「食べる断食®」後の食事はどうすればいいの?

「食べる断食®」を30食終えた後、
誰もが感じる疑問。それは

その後のごはんは普通に戻していいのかどうか?

そう、「食べる断食®」はあくまで10日間限定の特別食。
体から余分な物をデトックスして代謝を活性化させるためのもの。
体が本当に変わっていくのはこのあと3ヵ月の過ごし方が大切です。

というのも
細胞の入れ替わりサイクルは約3ヵ月。
きちんとエネルギーを取り込みつつ、
10日間は控えていたタンパク質と脂質、
さらにビタミン、ミネラルをとりこんで
細胞を作り替えていくんです。

リセットでまっさらになった体は
素直に反応してくれますよ。

具体的にこんな感じ

リセット食
ごはん:おかず=8:2

リセット後のリニューアル食

ごはん:おかず=6:4

ちょっとご飯の割合を減らし
その分、主菜に魚、肉、卵、大豆製品など
タンパク質を摂りましょう。

体を作るタンパク質と脂質が適度に取り込まれ、
いい細胞が作られますよ。

ただ、外食の時は
ごはん:おかず=2:8になってしまったりもしますが、
そうなってしまったら
翌日などにまたリセット食の8:2にしてから
6:4に戻すなどして調整すれば大丈夫。

このバランスで食べる方法が身につくと
食べる軸がしっかりできて
何をどう食べればいいかがわかりやすくなります。

今日の私の食事は大丈夫か?

で、気になるのは今日の私の食事について。

昼は、ごはん:おかず=6:4ぐらいかな。

ただし、圧倒的に野菜不足…

夜は山本屋本店さんの味噌煮込みうどん

ごはんはお茶碗に軽く1杯、100g程度。
あとはうどん。
具は名古屋ゴーチンと卵とかまぼこ、ちょろっと入ったネギ。

後は無料でお代わりできるおしんこ!
写真撮り忘れましたが、
白菜、キュウリ、大根が入っていて
小鉢一杯分ほどありました。
これおいしい!
塩分は気になるけどかなり薄味だったので
しっかりお代わりしました!

ごはん(うどん含む):おかず=6:4ぐらい?
というわけで、まぁまぁ優秀。

それでもやっぱり
外食をすると炭水化物はいっぱいとれるけど
野菜不足になりますねー。

こうなることはわかっていたので、
朝は移動中に家から持参した以下の食事をとりました。

玄米雑穀ごはんおにぎり
切り干し大根とわかめの味噌汁
レーズンとナッツ入りヨーグルト
トマトジュース

これで少しは調整できているか??

明日から野菜もたっぷり食べて
ビタミン・ミネラル・食物繊維を
補給することにします。

なんでビタミン・ミネラルがいるのか?
長くなるのでその辺はあすの記事で。

ちなみに山本屋さんの味噌煮込みうどんは通販でもかえますよ。
腰のある麺に味噌の風味がたっぷりのスープは
食べごたえも満点で体にやさしい味です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味噌煮込みうどん(冷凍)ギフト【4食入り】(名古屋名物)
価格:2160円(税込、送料別) (2018/2/26時点)

 

スポンサードリンク