五感に磨きがかかる「食べる断食®」6日目の体験口コミ




「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」6日目

昨日のピョンチャンオピンピックでの羽生選手の2連覇
感動しましたね。
テレビの前で思わず泣いてしまいました…

ベストコンディションで臨んでももちろん感動はしたでしょうけど、
あの怪我がなければここまで私たちの心を打つ演技には
ならなかったのではないでしょうか。

スケートの断食をした後に臨んだオリンピックだからこそ、
これまで以上に研ぎ澄まされた演技になったのではないでしょうか。

断食は体だけではなく、心の変化にも影響を与えます。
詳しくはこの記事の最後で。

さて、リセットプログラムもいよいよ後半に入りました。
昨日は顔がほっそりしてきたという変化に気づきました。
これは噛んであごが鍛えられただけではなく、
デトックスされて顔のむくみがとれているから。
その証拠に目も心持ち大きくなってます。
頬骨の位置も上がりましたよ。

今日はどんな変化があるか楽しみです。

 

6日目の朝食

6日目朝食メニュー
若玄米ごはん
味噌汁(かぼちゃ、たまねぎ、えのきだけ、わかめ、ごま)

 

6日目の昼食

6日目昼食メニュー
若玄米ごはん
酒粕入り味噌汁

 

 

6日目の夕食

6日目夕食メニュー
若玄米ごはん
味噌汁(かぼちゃ、たまねぎ、えのき茸、ワカメ、ごま、豆乳)
ゆず大根

 
昨日のかぼちゃ味噌汁に豆乳を入れました。
適度に煮崩れたかぼちゃでクリーミーになり、
和風スープっぽくなってまろやかです。

それから、自家製ゆずで自家製ゆず大根を作りました。
酸っぱいものが食べたかったので心が落ち着きました。
 

今日のごはんのお供の作り方

あっさりさっぱりゆず大根

材料

大根 5㎝ほど
人参 1/2本(なくてもOK)
酢 大サジ4
砂糖 小さじ2
塩 小さじ1
ゆず 1個

作り方

1.大根、ニンジンはいちょう切りにする
2.ゆずは皮をピーラーなどでむいて千切りにする
3.大根と塩(分量外)をビニール袋に入れ、もみもみして水気を抜く
4.ニンジンは耐熱容器に入れ、ラップしてレンジで2分加熱し水気を絞る
5.酢、砂糖、塩、ゆず果汁を混ぜ、大根、ニンジン、ゆずの千切りと和える
 

 

6日目の変化は?

5日目当たりから感じている変化は、
ニオイに敏感になってきたこと。
断食をすると脂肪が減るので
神経にまとわりついている脂肪も減って
五感が研ぎ澄まされるそうです。

そのため、冒頭でも少し触れましたが、
スポーツ選手や芸能人などは
コンディションを整えるため
定期的に断食することがあるそうですよ。

プロ野球界の落合博満監督は動体視力を鍛え、
アントニオ猪木さんは不調を
跳ね返して引退試合のリングに立ち、
小川直也さんは格闘家に転身してから
断食によってベストな状態を保つ食習慣を身に付け
芸能界の美川憲一さんは芸に磨きをかけて
低迷期を乗り切ったと言います。

断食をすると胃腸だけではなく、
脳や精神面にも変化が現れるということですね。

今日のお腹周りは変化なし。
さて、明日も楽しんでいきますよ!

 

「食べる断食® 若玄米リセットプログラム」の詳細を見る

この後の様子はコチラの記事をご覧ください。
>>食べる断食®体験レポート7日目
>>食べる断食®体験レポート8日目
>>食べる断食®体験レポート9日目
>>食べる断食®体験レポート10日目
食べる断食®体験レポート11日目
 

スポンサードリンク