妊娠後じゃ手遅れ?!妊婦になる前の女性は貧血対策やるなら今!




 

先日、勤務先の産婦人科クリニックで
栄養相談をした後、妊婦さんから
出産報告のご連絡を頂きました!

栄養相談後に
ご連絡をいただけることは
なかなかないので
うれしい報告が聞けて
この仕事しててよかったぁと思いました。

3786gのビッグベビーだったそうですが、
お産自体は1時間程度にもかかわらず、
大量出血のため貧血がひどく、
しばらく安静だったそうです。

無事、出産できてなりよりでしたが、
お産は命がけで危険も伴うものだと
あらためて感じました。

そこで今日のテーマは妊娠と貧血。
妊婦さんの貧血対策が
母体はもちろん、赤ちゃんにとって
いかに大切かをお伝えします。

妊婦さんに限らず、
妊娠を考えている方、
いつか子どもを産むかもしれない方、
そんな娘さんをもつお母さんはぜひ、
目を通してくださいね。

 
 
【目次】

 
 

日本人の妊婦の約3人に1人は貧血 その理由は?

「妊婦は貧血になりやすい」
と聞いたことがあるでしょうか。

50歳未満の日本人女性の貧血は
22.3%ですが、
妊婦は約30~40%が
貧血になると言われています。

なぜ、妊婦は貧血になりやすいのか?
 

自分だけでなく
赤ちゃんにも酸素や栄養を送るため

酸素や栄養を運ぶのは血液なので、
妊娠時はより多くの鉄分が必要です。

 

つわりで栄養不足になる

つわりになると吐き気がひどくなり
食事がきちんととれなくなります。

それまで貧血になったことがなくても
体の中にためていた鉄の貯金が底をつき
貧血を引き起こしてしまいます。

 

出産時の大量出血に備え
母体が血液を大量生産しようとする

母の体はすごいもので、
妊娠時の大量出血に備えて
血液をたくさん作るようできています。

ただし、血液の液体成分である
血漿が最大47%増えるのに対し、
血液の血球(赤い部分)は
17%程度しか増えません。

その結果、血液が薄い状態になり
貧血になりやすくなるのです。

妊娠時は貧血になりやすい状況が重なるので
「私は大丈夫」と思っている方も
しっかり鉄分チャージする必要があります。
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

【次ページ】妊娠してからの鉄剤では間に合わない?

スポンサードリンク